ピックアップ

不妊治療の流れって

ベビーベッド

まず、不妊治療についてです。子供を望む健康的な夫婦が、避妊をせず性交渉を一定期間続けても妊娠に至らない場合に、「不妊症」と診断されます。不妊治療については、薬や高度生殖医療技術を通じて妊娠の手助けをすることをいいます。

不妊症の原因についてです。原因については様々なものがあり、女性のほうがなる確率が高いと思われていますが、実際は男性も女性も同じ比率で不妊の原因になると言われているで、夫婦で不妊治療を取り組む必要性があります。男性は、無精子症や乏精子症、精子無力症などがあります。
女性は、卵巣腫瘍や排卵障害、卵管のねじれ等があります。

不妊治療方法は不妊検査した後に、大きく3パターンに分かれます。人工授精、体外受精でなくとも妊娠の可能性があると判断された際に最初に選択されるのが、「一般不妊治療」が選ばれます。費用は平均すると体外受精で一回100万程度かかります。期間は個人差があり、3、4年かかったという夫婦もいます。

検査についてですが、基礎体温、超音波検査、性交後検査ホルモン検査、子宮卵管造影検査、通気検査、クラミジア抗原検査、抗体検査、抗精子抗体検査、精液検査、月経血培養、子宮内膜日付診、その他特殊検査、精子機能の特殊検査、があります。