ピックアップ

女性の不妊の原因について

哺乳瓶

愛する人と夫婦になり家庭を持ったら、誰しもが子供が欲しいと思うことでしょう。
ですが子供は天からの授かりもの。
欲しい時期にすぐできるとは限りません。
排卵日付近を狙ってもなかなか妊娠できないこともあるでしょう。
一般的に、普通に夫婦生活を持ち2年間子宝に恵まれないと、不妊と診断されるとのことです。
では、不妊症とは一体どのようなことが原因なのでしょうか。
まず不妊症の原因が女性にある場合ですが、
生理不順でいつが排卵日なのかわからないという場合があります。
生理不順の人は排卵日がバラバラで周期が安定しないため、この日が排卵日というものが特定しづらく、
なかなか狙って子作りということができません。
そして、生理があるからといって必ず排卵しているとも限りません。
生理が毎月きちんときていても、中には無排卵月経もありますから、そのような場合は治療をしていかないと無排卵では子供を持つことができませんね。
その他には子宮内膜症などを患っている場合は、せっかく受精しても子宮内膜に受精卵が着床しづらいためこれも妊娠になかなか至りません。
卵管閉塞など卵管が詰まっている場合も、排卵された卵が卵管をくぐって子宮に到達できないことから妊娠が難しいです。
ですが原因は女性だけにあるわけではなく、男性の夢精子症などもあり、男女の組み合わせによっては精子に対する抗体を女性が持つ場合もあります。
全てがうまく噛み合わないとダメなのです。